【言葉】その声がけ、子どもに合っていますか?

サードプレイス富山の吉牟田です。

先日、ことばの教室の先生と話ししていた時に、

「大人が子ども(幼児期)に合わせた声がけをしていなこと」

が話題になりました。例えば・・・


・指示が長すぎたり、同時に2個も3個もやることを言うので、子どもが覚えられない。

・話すスピードが早すぎる(大人には聞き取れるけど、子どもには早すぎる)。

・言葉だけでは理解できない子がいるのに、

ずっと言葉だけで説明しているので、子どもがわからず困っている。

・「子どもの発音が気になる」と訴えている人の中には、5〜6歳の子どもに対して大人が「〜でちゅ」「しゅき」「ブーブー」 など幼児語を使っている人がいる。


といったことでした。


平均的に、3歳ごろから子どもの語彙は爆発的増えて、たくさん話すようになってきますが、言葉の理解もまだまだ、記憶や集中力が


それほど育っていませんので、大人は子どもに合わせた言葉がけをしなければなりません。


子どもが3語文を話しているなら、同じようにゆっくりと、3語文ぐらいで。ジェスチャーをつけてもいいでしょう。


やってほしいことを一気に3つ並べていうのではなくて、1つ言って、行動できたら、次のことに進む(忘れるから)。


折り紙をするなら、一緒に折る前に、完成形を見本として出しておく。


そんな工夫が必要です。


「なんで、何度も言ってるのにできないの?」と責める前に、どうやったら、どんな声がけをしたら、目の前にいる子どもに伝わるかを一度考えてみませんか?

閲覧数:10回