top of page

あなたの「生きづらさ」はどこからきているの?

こんにちは。サードプレイス富山のカウンセラー、吉牟田まどかです。


最近、いろんなことがきっかけで「生きづらさ」について考えることが多くなりました。


女性として生まれただけで、生きづらい、嫌だな、不公平を感じることは若い頃から漠然と感じていましたが、具体的に行きづらいってどんなことなのか、どこから来るのか文章にしていきたいと思います。





【生物としての生きづらさ】

・感覚に過敏なところがあって(音がうるさい、光が眩しすぎる、触られるととても痛いなど)辛い、緊張しすぎてしまう、疲れやすい

・感覚に鈍感で怪我しやすい。いつの間にか怪我をしたり、危険なことをしたりしている。

じっとしていることができずに、常に何かを触っていないとだめ、常に体を動かしていないと気がすまない。


・生理前後が心身ともに不調


【家族関係からくる生きづらさ】

・女の子はお嫁に行って、どうせ違う家の人間になるから大事にしない、

という大人に育てられてきた

・長男はこの家を継ぐから、とても大事にする。

それ以外の子どもは大事にしない、という大人に育てられてきた

・きょうだい同士比べられて自信がない。

必ず誰かに勝たないと気が済まない感じになって辛い

・男子は好きな進路を進めたけど、女子には学がいらないからと言って、

進学させてもらえなかった、短大、4年生大学、大学院に行かせてもらえなかった。

県外の進学先を選ばせてもらえなかった。

・家族の誰かが病気で世話をしていた。

・家族の誰かがよく暴れる、暴力のあった家だった。

・親の言うことさえ聞いていれば、親の機嫌が良かった

 など。


【生活圏での生きづらさ】

・交流が全くない

・交流が多すぎる

・地域の人から排斥される・嫌がらせされる

・地域の人から頼られ過ぎ、地域の仕事が多過ぎて辛い

・地域の団結が強すぎて、近所の人たちから監視されている


【モノとして扱われたことがある】

・全く知らない人から、容姿についてあれこれ言われる

・性被害にあったことがある

・暴力を振るわれたことがある



閲覧数:29回

Comments


bottom of page