家族とのあれやこれや、の漫画。

最近読み返した漫画

 ・ヤマシタトモコ『異国日記』

 ・高野ひと深『私の少年』


どちらの漫画もキーワードに「家族との葛藤」「(下の年代を)育てる」があるな、と読み進めています。家族との確執を経験した30代の主人公は、少年・少女に「健やかに育ってほしい」という願いを持ちながら、不器用に関わっていくところに共感が持てます。



『異国日記』の主人公の一人、マキオの台詞

「あなたの感じ方はあなただけのもので、誰にも責める権利はない」


「さみしくない

・・・わたしはね


わたしにとって自分の

感情はとても大事なもので

それを踏み荒す権利は誰にもない


それに 誰も 絶対に

わたしと同じようには

悲しくないのだから」


自他の境界がはっきりしていて、容易に共感なんてしないけど、他者の価値・気持ちを尊重するマキオの姿が素敵だと思います。




10回の閲覧
  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン

©2019-2020 by サードプレイス富山. Proudly created with Wix.com