top of page

「叱らない子育て」に関する誤解①〜子どもの暴力〜

こんにちは。

子育て相談の現場でよく聞かれる「叱らない子育て」ですが

誤解している方が多いように感じます。

全く叱らないわけではなくて、

叱ることに依存しない子育て」という意味です。


幼児期のしつけで、具体的に叱る場面といえば

・危険なところ(道路など)での飛び出し、

・自分を傷つける、

・他人を傷つける行為をしたとき

の3つです。


どれも自分に危険、他人に危険を及ぼすことです。


時々、子どもから叩かれたり、蹴られたりしても

「子どもだから仕方ない」

「男の子だから少しぐらい乱暴でも良い」

と笑っている、受け流している方がいますが、

それはやめてください。


暴力を受け流すことによって、

ほとんどのケースではお父さんやおじいさんにはしませんが、

お母さん、おばあちゃん、弟や妹、

保育園や幼稚園、学校で

自分より弱いとみなした人への

暴力を認めること と誤学習つながります。

しつけで子どもの暴力を止められるのは8歳ぐらいまでと言われています。

早いうちから、暴力を止めましょう。暴力は認めないということが大切です。


「いやだ」「やめて」と言って、子どものそばを離れましょう。

もし家族が暴力を受けているのを見つけたら、必ず止めに入ってください。

暴力から身を守ることが先です。





Comentários


bottom of page