家族にカウンセリングを勧めたいと思っている方へ

サードプレイス富山の中の人です。


最近、家族にカウンセリングを勧めたい方からのお問い合わせが多くなってきました。

 パートナーに相談を受けて欲しいと思われる男性や、

 子どもに相談を受けて欲しいと思われる親御さんからです。


他人に言われたから来た、というのはよくあることですが、本人の来談したい・変わりたいという意欲がなければ、相談は続きません。本人が望まなければ、こちらではお受けできません。


カウンセリングについては、1回相談したからと言ってすぐに何かがパッと変わるのは難しいです。変わるまでには時間がかかりますし、一時の変化ではなく持続的な変化を求められるには、それなりのカウンセリング回数が必要となります。


◉パートナーに相談を受けて欲しいと思われている男性へ

 まずは、ご自分がパートナーとの関係を見直しませんか?サードプレイス富山は女性と子どものためのカウンセリングルームなので、男性からの相談は受けつけていません。

 男性の相談を受けてくださるところでまずはご相談ください。その後、パートナーにもやはり薦めたい、という場合には、必ずパートナーの了解をとった上で連絡をいただくか、本人様から直接連絡をいただきたいと思います。


◉子どもに相談を受けて欲しいと思われている親御さんへ

 「子どもと数ヶ月、数年も大事なことを話せない」と関係をこじらせる前に、何かいつもと違うと思った時、問題がおこった、ちょっと困ったぞと思われた時に、どうぞ親御さんが来談し、カウンセリングを継続してください。自分の心を見つめる、子どもの心を想像・理解することを通じて親子関係を見直しする、粘り強くお子さんへの関わり方を模索しましょう。その後、お子さんカウンセリングを希望される場合はまたご相談ください。


カウンセリングは万能ではありませんし、カウンセラーは魔術師ではなく、奇跡も起きません(最近ネットで「奇跡のカウンセラー」という人を見たのですが、心理療法をきちんと勉強してきている人はそのような発言はしませんし、させないと思うのです)。


悩まれているご本人が継続的に来談されることをおすすめしております。


2021年9月17日

70回の閲覧